投稿日:

身に付けておきたい習慣

広告は、情報の宝庫といわれています。
理由は、広告がでているということはそこにビジネスが成り立っているということで、その広告を見てお金を払う人がいるという証です。
私たちは、いろんなところで広告を目にしているはずです。
広告を見て、まずターゲットを推測し自分のビジネスとのつながりを発見するなど、今までにないアイデアが想い付くかもしれません。
アンテナを張ることで広告からビジネスのヒントを見つけることもできます。考え方の癖を身に付けておくことで、それはあなたの強みとなってくれるでしょう。

日々の生活の中で「こうしたほうがお客さんももっと喜ぶだろうなあ」とか「これがもう少しこうなってくれたら使いやすいのに」
「ここをよくしたらもっと儲かるはず」などなど、こうしたあなたの小さな気付きが成功には必要です。
どんな小さなことでも思いついたことや気付いたことはメモをしていきましょう。人間はすぐ忘れていく生き物です。
メモする習慣付けをつけておくことで大切なヒントを取り逃がさないようになります。今は思いつかなくても後になって役に立つこともあるでしょう。
普通に今売っているものや一般的なサービスをあなたの考え方に沿って、工夫し努力してどう差別化していくか、独自のサービスとしていけるかが成功の鍵となります。
飲食店の倒産率は3年で5割といわれています。「何度でも食べたくなるもの」「売れるもの」というのは、たくさんの人から愛されるということです。
その商品やお店のファンになってもらう。流行りはもちろんありますが、長く愛されるには理由もちゃんとあるはずです。
自分が消費者の立場になって考える努力を忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です